既卒の人が大手に就職するためには

既卒とは、その字のとおり、すでに卒業した人を指します。一般的には、就職用語として使われていて、大学を卒業した人を指します。つまり、新卒との対比で用いられることが多いです。
日本の就職活動は、主に新卒採用がメインです。大多数の人は、在学中に就職先を決めて、卒業と同時に社会人として活動していきます。一方、既卒は、何らかの理由で在学中に就職活動をしなかったり、一度就職をしたけれどやめたりして、フリーの状態になった人です。その人たちが就職をするとなると、既卒枠に応募することになります。
既卒枠は、つまるところ中途採用枠です。足りなくなった人材を確保することを目的としていることが多いので、即戦力を求めていることが多いです。将来的に伸びしろのある人は、新卒採用で補っているためです。ここで問題となるのは、既卒の人でも社会経験がない人です。社会経験がないため、即戦力として期待することができないので、応募をしてもはねられてしまうことが多いです。それは、大手企業であれば、特にそうです。優秀な人材を求めている傾向にある中、なんの経験もない人を採用するほど、企業は甘くはありません。
しかし、既卒が全く大手に採用されないというわけでもありません。その人のポテンシャルが高いと判断されれば、採用される公算はあります。ただし、なぜ新卒で就職しなかったのかについては、きちんと合理的な説明ができなければなりません。もし、その間に特別な経験をしていたというのであれば、プラス評価になりえます。例えば、海外でボランティア活動をしていたなどです。しかし、それがないと、大手での採用は難しいと言わざるを得ません。したがって、無理だと判断したら、選択肢をもっと下の企業に下げる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です